精霊の守り人シーズン2第5話あらすじとネタバレ感想「聖なる場所へ」

精霊の守り人シーズン2で第5話「聖なる場所へ」のあらすじとネタバレ感想。

ついにバルサたちはロタの祭儀場に到着します。そこで再びシハナの手が!

そしてチャグムをヨゴ国へ連れていくヒュウゴ。

精霊の守り人シーズン2第5話のあらすじとネタバレ感想です。

 

 

スポンサーリンク

精霊の守り人シーズン2第5話「聖なる場所へ」あらすじとネタバレ

新ヨゴ国トロガイのところへ

新ヨゴ国の森の中、トロガイが目の前のたき火に何か気付く。

そして呪文を唱え

「さあ、お前さんんお魂を捕えたよ」

そういうと火の中にシュガが現れる。魂を飛ばしてきたのだ。

シュガはチャグムがさらわれたことをトロガイに告げる。

トロガイは「それは私の知ったこっちゃないね。お前さんの考えることだろう。チャグムのために生きるか死ぬかよく考えてみな」

と冷たく突き放す。

シュガは燃え尽きるように消えていく・・・・

 

ロタ祭儀場へ向かうバルサとアスラ

ロタ祭儀場へ向かうバルサとアスラは市場を訪れていた。

その街でイアヌという女性に出会う。

イアヌはタル人でトリーシアの友人だという。

 

イアヌはアスラにロタ祭儀場でトリーシアとの間で何があったか聞く。

しかしアスラは黙っている。

バルサが代わりにアスラはカシャルに命を狙われていて自分が偶然助けたことを伝える。

イアヌはアスラも一緒に処刑されたのではと心配していたという。

すべてのロタ人は今では祭儀場で起こったことを知っていてタル人の死を願っていると。

そしてロタ人にとってはタル人の命なんて軽いものだと思っているとイアヌは話す。

そんな話を聞きアスラはロタ人への憎しみを思い出す。

 

バルサはアスラに言い聞かせるように話す。

「私も人をものすごく憎んだことがあるよ。

 私はこの槍で強くなりたかった。そうすれば救われると思った。
 
 そのうち簡単に人を殺せるようになり自分は強くなった気でいたんだ。

 でも、いくら強くなっても自分は救われなかった。」
 
と力だけでは何も解決しないことをアスラに伝えたかった。

 

しかしアスラは「私の願いはカミサマが聞いてくださる」と言う。

「カミサマのせいにしてはいけない!

 アスラはサーダ・タルハマヤになりたいのか?
 
 お願いだから自分のことを考えておくれ・・・
 
 マーサの家での日々を忘れないでおくれ」とバルサはアスラを抱き寄せる。

 

バルサは思い出す。

新ヨゴ国の森の中、ジグロのもとにカンバル王の命を受けた王の槍が2人現れる。

ジグロは応戦し2人の命を奪う。

このとき8人すべての王の槍の命を奪ったジグロは「これで終わった・・・」とつぶやく。

バルサは「終わっていない!カンバル王は私が殺す!」

ジグロは「俺は憎しみで人を殺してはいない!お前の力は何を守るためのものか考えろ」と諭す。

 

吊り橋上で襲われるバルサ

イアヌの案内でロタ祭儀場に向かうことになったバルサとアスラ。

吊り橋を渡っているところに謎の武装集団に襲われる。

バルサはアスラたちを先に行かせる。イアヌはアスラを連れて吊り橋を渡り切る。

それを待っていたかのように武装集団がバルサに迫る。

そしてバルサの背後からも矢が放たれた!!

後ろからタル人たちがバルサを狙っている。

橋の両側から攻められたバルサはたまらず川に飛び込む。

 

アスラはイアヌの案内でタルの集会場に到着する。

そこでアスラはシハナに気付く。

シハナはアスラに「私はあなたを守るつもりだった。でもバルサには勘違いされてしまっただけ」

チキサやタンダを捕えたのもトリーシアの願いを叶えるためだったと説明する。

「わたしたちはトリーシアの願いを叶えたいの」

 

タルの民はアスラを神としてあがめる。

そんな様子を影から見守るスファルとタンダ。

タンダはアスラにバルサのことを聞きに行こうとするのをスファルが止める。

「お前も呪術師なら、あれが見えるだろ」

岩の割れ目から流れ出た光の川がアスラの体に吸い込まれていく。

 

シハナはトリーシアにアスラには力があることを伝えたのは自分であることを告白。

トリーシアが神にすがるようになってしまったのは私のせいだ。

だからトリーシアの代わりにアスラを守るとアスラに宣言する。

そしてイーハンの元へと連れて行く。

 

その様子を見てスファルは

「バルサを探しに行こう」とタンダとともに立ち去る。

 

そのころバルサはスファルの手によるカシャルに助けられていた。

スファルから知らせを受けたトロガイも来ている。

そこにタンダたちがやってくる。

タンダはバルサに

「マーサさんのことを教えたのは俺だ、お前を裏切ってしまった」

と詫びる。

「あんたはアスラとチキサを助けようとして騙されただけだろ。

 そんなことはわかる。早く傷を治せ」

とバルサは答える。

 

スファルは説明する。

「シハナはアスラをイーハン殿下の王位継承のために利用しようとしている。

 ヨーサム王が亡くなり、次期王がイーハン殿下となれば南部の領主の反対は必至。
 
 建国の儀には兵を連れて現れるだろう。そこでアスラの力を使って・・・」

 

バルサにトロガイが問いかける。

「あんたは何と戦う気だい?」

バルサは答える。

「わたしはあの子に人殺しをさせたくないんです。

 安らぐことのない闇の中であの子には生きてほしくないんです。」

チャグムも今は戦っているよ、タルシュ帝国との戦いに行ってね、捕らわれてしまったんだよ。

トロガイはチャグムのことをバルサに伝える。

 

ヨゴ国の廃墟にて

チャグムはヒュウゴに連れられ旧ヨゴ国の廃墟にいた。

ここはトルガル帝の館があった場所だとチャグムに伝える。

ここ数年ヨゴでは冬が厳しくなっており、夏が短くなっている。雨の量も減っている。

ヒュウゴは「ナユグに異変が起きているのかもしれません。」というと

チャグムは「今ナユグと言ったか」

「あなたもご覧になりましたか?海を渡っていく水の民を」とヒュウゴが言う。

 

トルガル帝がヨゴ国を去った後、ヨゴ国には大飢饉が訪れた。

それと同じようなことがまた起こるのではないかと考えているとヒュウゴが思っていることをチャグムに伝える。

 

ヨゴの民はタルシュの武力に守られ力さえあれば、目覚ましい出世の機械に恵まれる。

だがほとんどの家族は息子や夫をタルシュの兵役に奪われ戦費を税として負担している。

侵略戦争に参加する兵士は家族を重税から救うために戦っている。

 

「タルシュ帝国というのは他国を食うことで生きている獣です。」

 

ヒュウゴはタルシュによる侵略の内情をチャグムに話す。

 

「あなたが一人で戦ってもタルシュ帝国には勝てない」

 

そこへタルシュ帝国から騎馬隊がチャグムを迎えるために訪れる。

そしてチャグムはタルシュ帝国の首都ラハーンに向かう。

 

精霊の守り人シーズン2第5話放送日、キャスト

2017年2月18日(土)午後21時から21時58分

2017年2月25日(土)午前0時10分から1時08分[24日(金)深夜](再放送)

主な登場人物:

・ロタ王国
バルサ(綾瀬 はるか)、タンダ(東出 昌大)、スファル(柄本 明)
シハナ(真木 よう子)、アスラ(鈴木 梨央)、チキサ(福山 康平)
トロガイ(高島礼子)
イアヌ(玄理

ジグロ(吉川晃司)、少女バルサ(清原果耶)

・タルシュ帝国
チャグム(板垣 瑞生)、ヒュウゴ(鈴木亮平)、セナ(織田梨沙)
ラウル(高良健吾)

 

関連記事:

精霊の守り人シーズン2のロケ地情報まとめ!

精霊の守り人シーズン2第5話見逃し動画を見る方法

 

スポンサーリンク

精霊の守り人シーズン2「悲しき破壊神」第5話 鑑賞後の感想

精霊の守り人シーズン2は、バルサ側とチャグム側で2つの展開で話が進んでいるが、今回初めて二つの話がリンクする時がありましたね。

バルサとアスラは祭儀場を目指すが、途中でアスラの母トリーシアの友人と名乗る者から同行を願え出て一緒に祭儀場へ向かうこととなりました。

この女性、アスラを狙っているシハナとも通じている雰囲気で、かなり怪しい。

けど、バルサはマーサさんと楽しくやり取りをしていたアスラを想いやり、複数人がアスラに関わることをアスラに為になると思ってしまったのではないかなあ?

ということで同行を簡単に許可してしまいました。

ちょっとこの判断は軽率でしたね。

バルサのアスラに、人を殺してほしくない。人を殺したいと願ってほしくない。普通に子供らしく笑顔でいてほしいと願い、その想いをアスラに伝えていました。

自分も人を殺した過去があるから、バルサにはアスラに自分のように業を背負ってほしくないのだと思ったんだと思います。

しかし結果的に祭儀場へ向かう道中に、盗賊に襲われてしまいアスラとバルサは離ればなれになってしまいました。

結局イアナというトリーシアの友人という女性はバルサを騙していたんですね。

 

その頃、チャグムはヒュウゴに連れられタルシュ帝国へ向かっていました。

そこで、見たヨゴ国の末路。

タルシュ帝国がどのようにして栄えてきたのかをヒュウゴから聞かされるチャグム。

それは、土地だけでなく人の価値も奪われてしまう支配でした。

怪我をおったバルサはタンダやトロガイに助けてもらう。

そこでチャグムが囚われてしまったことを知るバルサ。

アスラを助けに向かうが、恐らくチャグムのことも気になっているのであろう。

チャグムとバルサがシンクロした瞬間でしたね。

今後バルサとチャグムが再会することがあるのでないか?と期待をもたせてくれた5話でした。

そして最後に登場したタルシュ帝国のラウル王子。

いきなり部下に切りつけるという極悪非道な登場でしたね。

そんなチャグムとラウル王子の対決、バルサは再びアスラを助けだすことができるのか?

今後の展開が待ち遠しいです!

 

 

次週:精霊の守り人シーズン2 第6回「帝国の牙」

タルシュ帝国の首都ラハーンに到着したチャグム。

そこでラウル王子と対面する。

ラウル王子から新ヨゴ国の降伏を勧められるがチャグムは拒否。

しかしチャグムをヨゴ国に連れて行くなどよけいなことをした罪でヒュウゴが殺されかける。

そしてヒュウゴを助けるためにラウルの申し出を受けてしまうチャグム。

サンガル王国の捕虜たちと新ヨゴ国へ帰国する途中チャグムはある決意をする。

チャグムと新ヨゴ国の運命はいかに!

精霊の守り人シーズン2第6話「帝国の牙」

精霊の守り人シーズン2第4話「笑う魔物」

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ