精霊の守り人シーズン2第6話あらすじとネタバレ感想「帝国の牙」

精霊の守り人第6話「帝国の牙」のあらすじやネタバレ感想。
タルシュ帝国首都ラハーンに到着したチャグムはラウル王子に面会し降伏を勧められが拒否をするチャグム。そしてラウル王子が連れて行く先には反逆の罪で処刑されそうなヒュウゴの姿。この記事では精霊の守り人第6話「帝国の牙」のあらすじやネタバレ感想をお伝えします。

関連記事:

精霊の守り人シーズン2の6話見逃し再放送はいつ?

精霊の守り人の新ヨゴ国とはどんな国?地図や神話、キャスト情報

精霊の守り人シーズン2のロケ地情報まとめ!

 

スポンサーリンク

精霊の守り人シーズン2第6話「帝国の牙」あらすじとネタバレ

ロタ王国森の中

トロガイはバルサにチャグムを見殺しにするつもりであることを伝える。

憤るバルサ。

外に出ていこうとするバルサの前にタンダが立ちふさがる。

「どこへ行くつもりだ?まさかタルシュへ行くなんて言うつもりではないだろうな?」

バルサは言い返す。

「行けるわけないだろう!

 今のチャグムを守る力は私にはない。
 
 近づくことすらできないだろう・・・
 
 チャグムといいアスラといい私は何のためにいるのか」
 
 

タルシュへ向かうチャグム

チャグムはこれからタルシュ帝国へ向かうためセナとの別れを惜しんでいた。

「あなたに航海の恵みがあらんことを・・・」

「ありがとう」チャグムはセナへ一言だけ伝えた。

 

そしてチャグムはヒュウゴと共にタルシュ帝国のラハーンに到着する。

案内されたラウル王子の城ではクールズ宰相がチャグムを出迎える。

そしてチャグムは豪華が客室へと案内される。

ヒュウゴは「私の役目もここまでです。どうか私とのご縁はお忘れください」という。

「どういう意味だ?」チャグムは問う。

ヒュウゴはチャグムに

「私はヨゴ人として、殿下に助言申し上げました。

 民を思えば戦うより服従しろと。
 
 でも、あなたと私は違います。
 
 ここにいるヨゴ人はあなたの民ではありません。」と伝えた。
 
チャグムはヒュウゴの言うことが理解できないまま別れる。

 

その夜、寝付けないチャグムのもとに侍女が現れる。

逃げたいのであれば手伝うと

チャグムはそれがヒュウゴの手によるものと考え

「私の逃げ道は死ぬことだけだ。その覚悟を持って戦う、と。

 ヒュウゴにはそう伝えてくれ。」
 
侍女はチャグムの頬にキスをして立ち去る。

 

タルシュ帝国 ラウルの部屋

翌日、チャグムはラウルと面会する。

ラウルからは自分の考えで話をするように言われるがチャグムは「何も話せない」と答える。

ラウルはいう。

「そうか、それで十分だ。お前は、私と戦うといったのだな。」

「ごまかしは効かない。お前は私の考えを理解して答えた。私の考えを拒絶したのだ。」

これからタルシュ帝国は20万の兵を持って新ヨゴ国へ攻め入る予定だ。

民は虐殺され、チャグムの家族も惨殺する。

これは脅しではないと宣言する。

チャグムは「私があなたに服従しても新ヨゴ国が服従したことにはならない。

 父は認めない。そんな私に何ができるのです!」
 
ラウルは冷たくあしらう。

「それは跪かないものには答えるものではないのだよ。坊や」

 

ラウルはチャグムをバルコニーに連れ出す。

眼下には巨大なラハーンの町が広がっている。

ラウルはチャグムにこの広大なタルシュ帝国の一部となることが民の幸福にもなると説く。

そしてラウルは

「そのために私はおまえを帝にしてやる」

と宣言する。

さらにラウルは続ける。

新ヨゴ国を落としたあとは、ロタやカンバルも属国にするつもりであること。

さらに新ヨゴ国にはタルシュの内通者がいること、その内通者が帝を暗殺するつもりだと告げる。

あとは、お前がそれを選ぶだけだ。

チャグムは「バカなことをいうな!

 私に帝を、父上を殺せというのか?!」と反論する。

「その情けはやがて身を亡ぼすことにだろう。

 ちょうどいい、いいものを見せてやろう」

怒り治まらないチャグムをラウルは地下へと連れて行く。

 

そこには手を縛られて、拷問を受けているヒュウゴの姿。

ヒュウゴはチャグムを無断で連れ出し余計な知恵をつけさせたという理由で処刑するつもりだと言うラウル。

ラウルは侍女を連れてくる。

そしてチャグムが侍女に伝えたことを問いただす。

ヒュウゴは充血した目でチャグムを見つめている。

「違う。。。これはお前が仕込んだことではないのか」

残念だがヒュウゴの答えを聞くことはできない。」

ラウルが兵に指示を出す。

 

「待ってくれ!
 
 ヒュウゴは間違っていない!
 
 私はヒュウゴに言われて、降伏を受けいれ。。。た・・・」
 
そしてチャグムは膝をついた。

 

新ヨゴ国の王宮にて

新ヨゴ国にカンバル王が訪れていた。

カンバル王は4年前バルサの暗殺失敗時に受けた傷をもとに新ヨゴ国へ金を要求しに来ていた。

「これは帝、ご機嫌うるわしくございます」

握手を求めるカンバル王。

帝は手を差し出す。

ログサムは手を握り返すが帝をすぐに手を放そうとする。

「皇太子の姿がみえないようですが」

ログサムの問いに聖導師が答える。

「皇太子殿下は現在外交のため留守にしております」

「外交?

 ロタ王国ですか?カンバル王国ですか?」と問うログサム王に
 
 「サンガル王国です」と答える。

 

サンガル王国の牢獄

チャグムはサンガル王国の捕虜収容施設に戻された。

兵たちからはチャグムの無事をしり安堵の声が漏れる。

シュガはチャグムを守れなかったことを詫びる。

チャグムは命を狙っていたモンに対してもまだ働いてもらわなければ困ると声をかける。

チャグムの脱走を手助けしたとして別の独房に入れられていたジンも戻される。

「私でさえ殺さないとは敵の考えがよくわかりませぬ。

 敵は殿下に何を背負わせようとしているのですか?」
 
ジンは呟く。

 

チャグムはラウルと共に交わした話を思い出していた。

「タルシュ帝国に服従することが、民の命を守る最善の方法だとすべての臣下や民に納得させよ。

 心配するな。混乱が起きれば私が行って助けてやる。
 
 私の目に狂いが無ければ、お前はきっと上手くやれる。」

新ヨゴ国への帰還は、ラウルとの密約から成り立っている。

チャグムは帰国し、内通者が帝を殺すのを待っていればいいだけだと話したラウル。

捕虜を置き去りにしても信用はされないとチャグムはみんなと帰国できるように頼んでいた。

思い悩むチャグムにシュガが話かける。

「わたしには話してくださいませんか? 殿下の抱えているものを」

チャグムはシュガに「シュガ、私は逃げようと思う」と答えるのだった。

 

精霊の守り人シーズン2第6話放送日、キャスト

2017年2月25日(土)午後21時から21時58分

2017年3月4日(土)午前0時10分から1時08分[3日(金)深夜](再放送)

主な登場人物:

・タルシュ帝国
チャグム(板垣 瑞生)、シュガ(林 遣都)、モン(神尾佑)
ジン(松田悟志)、ヒュウゴ(鈴木亮平)、セナ(織田梨沙)
ラウル(高良健吾)、クールズ(小市慢太郎)

・新ヨゴ国
帝(藤原 竜也)、聖導師(平幹二郎)、カンバル(中村獅童)
二ノ妃(木村 文乃)、トゥグム(高橋幸之介)
チャグム(幼少時代 小林颯)

 

関連記事:

精霊の守り人シーズン2の6話見逃し再放送はいつ?

精霊の守り人の新ヨゴ国とはどんな国?地図や神話、キャスト情報

 

 

スポンサーリンク

精霊の守り人シーズン2「悲しき破壊神」第6話 鑑賞後の感想

今回はチャグム回でしたね。

印象的だったのはヨゴ国でセナと別れることになったシーンです。

これでセナとは会うことはないのでしょうか?

原作は読んでいませんが、海へ逃げたチャグムを再び、助けるということにはないのかと期待しています。

そして南の大陸タルシュ帝国の首都に着いたチャグム。

ヒュウゴについては、今まで思惑が不明でしたがチャグムに希望を見出そうとしているのかもしれません。

自分の不注意な一言でヒュウゴを窮地に追い込んだという思い。

チャグムもヒュウゴを悪くは思っていない、だからかばったのだと思います。

 

ヒュウゴの命はチャグムのこれからの行いにかかってくるわけです。

ヒュウゴはずっとラウルにつかまったまま?

それとも、またチャグムのもとに現れるのか?

まだまだ、物語の行方が分からないままですね。

 

そのラウルはなかなかの冷徹ぶりで、そのヴィジュアルも雰囲気ありますよね。

チャグムとラウルの戦いは2シーズンでは終わらないとのことですが、3シーズン目までその行方を知ることができないなんてもどかしいですね。

しかし、ファンタジー大河という名に相応しく壮大な映像が3シーズン目では見ることができるのではないかと思います。

 

精霊の守り人シーズン2終了まであと3回。

予告を見る限り来週でアスラのストーリーは解決しそうです。

アスラは再び力を使用して人を殺してしまうのか?

バルサはアスラを救えるのか?

海に飛び込んだチャグムは無事なのか?まだまだ視聴者はハラハラさせそうです。

裸になった板垣瑞生くんに若い女性ファンはメロメロだったでしょうねw

 

 

次週:精霊の守り人シーズン2 第7回「神の守り人」

ついにロタ王国に建国の儀の日が訪れる。

アスラはチキサと再開し、イーハンとも面会する。

そして王の代理として建国の儀を行おうとするイーハンに南部の領主たちが反発する。

その時、イアヌはサーダタルハマヤの復活を祭壇の前で宣言する!

スーアンはタルの女を殺せと命ずるがイーハンが止めに入る。

そんな騒動に紛れて、アスラはキーラン王の像に駆け上り力を発動する。

その光景を見下ろし無邪気に笑うアスラ。

そこにバルサが登場する。

建国の儀の行方はいかに?アスラはどうなってしまうのか?

精霊の守り人シーズン2 第7回「神の守り人」お楽しみに!

精霊の守り人シーズン2第7回「神の守り人」

 

精霊の守り人シーズン2第5回「聖なる場所へ」

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ