FF14光のお父さん 第7話あらすじと感想、原作ブログとの違い

FF14光のお父さんもついに最終回の7話!
いよいよツインタニアとの最終決戦、そして父博太郎は入院、手術へ!
親孝行から始まった光のお父さんの結末はいかに?ハッピーエンドは待っているのか?
この記事ではFF14光のお父さん第7話のあらすじと感想、原作ブログとの違いを見ていきます。

 

スポンサーリンク

FF14光のお父さん 第7話のあらすじ大ネタバレ

プロローグ

子供のころ、父が手品を見せてくれたことがある

「すっげー」

父はすごい魔法が使えるんだと思っていた

だが、そのタネは聞いてしまえば何てことはないものだった

あのときの何とも言えない気持ちは忘れられない

夢は夢のままであるべきなので

手品のタネのを聞くべきではなかった

 

ツインタニア戦、あえなく全滅

強すぎるだろ、ツインタニア

「あのマイディーさん

 ツインタニアを倒したら本当に正体を明かすんですか?
 
 インディさんはこの世界を本当に楽しんでいます、
 
 友達のまま居続けるほうがいいのではないでしょうか」とあるちゃん

 もちろん決めるのはマイディーさんです。

「いいえ、ありがとうございます」とマイディーさんが返事をする。


確かにみんなのいう通りかもしれない

父さん、あなたはこの手品のタネをききたいですか?

 

ツインタニア戦は大縄跳び

「やっぱりツインタニアの強さはこれまでとはわけが違うな」

敵を引き付ける役目が倒されればツインタニアが暴れ出して即全滅

回復する役が倒されれば回復が間に合わなくて即全滅

攻撃する役が倒されれば攻撃力不足で時間切れ全滅

1人がたった1度でも失敗すれば終了

「これってやっぱり大縄跳びだな」

 

鈍感な光生

「ほんと稲葉さんいなかったら会社辞めていたと思います。

 いろいろ楽しいんです。
 
 会社に稲葉さんがいるおかげで。

 あの、今週の日曜日、何してます?」

 

「今週の日曜日?

 たぶん一日忙しいとおもう」とツインタニアを想像しながら答える光生。

「じゃあ来週は?」

「来週は・・・・わかんないけどまだ忙しいんじゃないかな」とツインタニアを想像しながら答える光生。

「稲葉さんて鈍感ですね。」と陽子さん

「え、何が?」

 

父の告白と決意

ツインタニアに挑戦し始めてもう2週間になる

なんかヤバい感じだ

緊張感なくなってきたしミスを増えた。

どんまい、気にしないで、そんな言葉もいつか届かなくなる日が来る

それが、最強の敵ツインタニアなんだ

 

 

でも、父さんが何を考えているか知りたくて始めた計画だし

少なくてもここでは本音で話せるようになった

それだけで、十分成功か。

もうこれで終わりでもいいかと光生がそんなことを考えて出したところ・・・

 

「実は、突然ですが今週の金曜日に入院することになりました」とインディさんが告白する。

「3日後ですか・・・」

 

「それまでにツインタニアを倒したいんです

「もちろん生きて帰ってくるつもりです

 でもひょっとしたら戻ってこれないかもしれません。
 
 悔いを残したくないんです

 だから残りの2日間を全力で戦います」とインディさんは決意を語る。

 

マイディーさんはみんなに声をかける

「みなさん聞いてください

 では金曜日までに倒しましょう、宿敵ツインタニアを、全員で!」

 

いつかは勝てる

何度でもやり直しがきく

それではツインタニアには勝てない

絶対に勝ってやるという思いが無ければ勝てない

 

「金曜日までに倒せなければこの戦いは凍結します。

 つまり僕たちの負けです

 勝ちましょう

 インディさんのためにも!」

みんなでがんばろー

みんなから応援のメッセージが次々に入ってくる。

 

翌日、会社では定時になるとそそくさと帰る光生

帰ったらそのままFF14

しかし勝てない

あと1日

 

スポンサーリンク

最終決戦そして告白

「稲葉さん今日この後。。。」と陽子さんが声をかけると

「ツインタニア!」

そう言ってさっそう帰っていく光生

 

家に帰りPCの電源を入れる

今日が最後の日、みんな気合入っています!!

そして決戦の地へ。

 

おせっ、おせー

 

そしてついにツインタニアを倒すことに成功する

「やった、やったー、ついにやったー」

声をあげて喜ぶ博太郎。

 

 

やっぱり言おう、父さん

確かに僕たちは決して仲のいい親子ではなかったね

だけど知ってる?

僕たちはこの数か月あの頃のように泣いて笑って冒険をしてきたんだよ。

 

「おめでとう、おとうさん!」

と、インディを見つめるマイディーさん。周囲がざわめく


「ありがとう、あるちゃんさん、きりんちゃん」

しかしインディさんは気付かない。

 

「あれ、スルー?」

あれあれ~と光生。

 

「注目、みんな注目!

 エオルゼアは楽しかったですか?おとうさん!」
 
今度こそ通じたか?!と光生

 

しかし

「おとうさん?

 もしかしてこの中にお父様がいらっしゃるのですか?

 では、あいさつをしないと」とぼけるインディさん

 

「おい、鈍感すぎるだろ!」と光生。

 

「本当にお世話になりました。

 これからもずーっとよろしくお願いいたします。
 
 メイデーさん」

光生は微笑みながら「マイディー」だけどねと答える。

 

「ほんまメイデーさんには世話になったな。

 。。。お父さん?!」何かに気付いた博太郎。

 

ニューヨーク戻りの男

「稲葉さん、今週の日曜日って」と陽子さんが声をかけてくる。

「ああ予定なくなったよ」と明るく答える光生。

「実は見たい映画があって」と映画のチケットを見せる。

「あー、僕この手のやつ苦手なんだよね~ごめんね。」と断ってしまう光生ww

「ほんと鈍感ねこの人」と陽子はつぶやく。

 

 

「ちゅうもーく

 本日付で新しい仲間が加わることになった。

 ごらんのとおりの袴田だ。

 複雑な事情があってニューヨークから戻ってきた。」

 

「どうしたんですか?」と光生が聞くと

「白人女性に手を出したらニューヨーク支社長の娘だった・・・・

 おれも頑張る、頑張るぞ島耕作~」

 

スポンサーリンク

父手術、そして伝説へ・・・

「稲葉さん、どうぞ」と看護婦さんから声がかかる。

 

「大丈夫心配するな

 病気なんて大した敵ではない

 すぐに帰ってくる」

と心配する母に博太郎は告げると手術に向かっていく。

 

父さんは本物の光の戦士なのかもしれない

本当にそう思った

 

 

1年後・・・

 

 

 

 

「光生~洗濯物ある~」」と母

 大丈夫と答える光生。

「母さん辛いと思うけど元気出してよ。
 
 父さんだって母さんのそんな顔みたら悲しいと思うから」

 

 

 

トントンとドアを叩く音。

「光生ちょっとええかあ~

 母さん下で激しく泣いているけど
 
 なんかあったのかな?」と父博太郎がドアを開けて覗き込む。

 

「大好きな韓流スターが婚約したらしくて」と光生

 

「なんか複雑な気持ちやな・・・

 頼みがあるんや

 タンクの立ち回りお父さんに教えてもらえないか」

「友達に聞けば~」

「みんなをびっくりさせたいんや」

 

光のお父さん計画

それは僕が愛してやまないFF14の世界へ父を誘い正体を隠し壮大な冒険をする親孝行計画である

 

FF14光のお父さん 第7話感想

ドラマ版光のお父さんの最終話ついに完結しちゃいましたね~

一気にツインタニア戦まで来てブログと同じような展開。

そしてドラマ版オリジナル要素の父博太郎と光生の関係。

博太郎の病気の話も

病気も無事回復できたようでなによりでしたね~

そしてここに来て陽子さんの光生への誘いが本格的になってきた!

それなのにいっこうに気付かない光生。

あげくの果てに一緒に映画行こうとまで言われて、映画の内容に興味がなく断っちゃうし~。

鈍感にもほどがあるだろ~

博太郎もマイディーさんからお父さんと言われ気付かない下りがありますが

それとこれは同じ鈍感でも違うだろ~って感じですね。

ということでめでたしめでたしのハッピーエンド


テレビドラマ版光のお父さんはこれで完結!

6月1日からはnetflixで

FF14光のお父さん 特別編

『光のお父さんは、あるちゃんのえたばんに奔走した。』

今すぐNetflixへ(30日の無料期間で全話見放題)

私も特別篇見る為に無料体験登録しちゃいました~

 

 

光のお父さん、原作ブログとの違い

第30話  「光のお父さんは大縄跳びを飛んだ。」

● ついにたどり着いた光のお父さん最終目的地大迷宮邂逅編5層、最後の戦いが今始まる。 

ツインタニア戦を大縄跳びに例えたりするシーンはまさに原作ブログのままの表現でしたね。

でもドラマでは対決で2週間となってましたツインタニア戦。 ブログでは3か月かかっても倒せてませんでした。

全然長さが違いますね。

最終決戦が追い込まれるのはドラマ版ではお父さんの手術入院という結構思いお話。

原作ブログではきりんちゃんがしばらくFF14ができなくなるっていう話でした。

ドラマっぽくまとまりましたね!

 

最終回 「光のお父さんは・・・。」

● 大迷宮をついに突破した光のお父さんに実の息子である事を打ち明けるマイディー。光のお父さん計画は完遂の時を迎える。

そしてマイディーさんが自分が息子だと伝えるシーンはこの最終話。

ドラマ版でも同じようにさりげない言葉で伝えるようにしましたが気付かないw

インディさんのボケエンドでドラマ版もきましたね。

ドラマ版ではこのあと手術に向かうお父さんの姿。

1年後も元気というハッピーエンドでしたね。

 

 

FF14光のお父さん 第6話あらすじと感想、原作ブログとの違い

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ